2006年09月19日

地下鉄では災害後が命取り!

大地震時、地下の揺れは地上の1/2程度といわれています。
地下鉄に乗っているときに地震が発生すると、自動で電車が急停車することもありますので、しっかりと手すりやつり革につかまっていましょう。

狭い構内ではパニックに陥りやすいですが、落ち着いて行動を!

停電になってしまった場合も、すぐに非常灯が点きますので、落ち着いて車内アナウンスの指示に従いましょう。
勝手に車外に飛び出すと、対向車両に接触したり高圧電線等に感電してしまう恐れまあります。

生き残りポイント

1.車内アナウンスに従うべし!
2.線路には高圧電線があると思え!
3.パニックに陥るな!
posted by mizukipapa at 09:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 地震 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。