2006年10月12日

ライフラインとは

ライフラインとは、水道・電気・ガスなど、生活に欠かせない供給ライン・情報伝達システム・交通システムを差します。
地震に限らず災害時にはこのライフラインが寸断され私たちの生活に大きな障害をきたします。

地震発生後、ライフラインはすぐに確認したい所ですが、電気やガスは火災に直結する恐れがあるので、十分な注意が必要です。
ブレーカーを落とし、ガスは元栓をしめます。

水道はすぐに遮断されない場合もありますので、可能であれば生活に必要な水を確保するようにします。

電話などの通信ラインも救助や救急以外は極力控えましょう。
通信ラインが集中すると電話もかかりづらくなったらり、途絶えてしまう事もあります。

ライフラインの復旧は電気がもっとも早いといわれています。
家屋の倒壊や、漏電の恐れがある場合は速やかにブレーカーを落としておきましょう。

生き残りポイント

1.震災後、電気とガスはすぐに切れ!!
2.生活用水を確保せよ
3.可能な限りのライフラインを確保せよ!
posted by mizukipapa at 22:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 地震 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/25344244

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。