2006年11月05日

命の水を確保せよ

どんな災害時においても生きていくためには「」は無くてはならないものです。
生命をつなぐ命の水は事前に準備しましょう。
給水車や配給についても災害時には確実に行われる保障はありません。
各自の事前準備が命をつなぐ鍵となります。

また、災害時の水不足では、一旦使用した水もトイレの水や洗い物の水として再利用し、少しでも節水できる工夫が必要になってきます。

参考までに、水のライフラインが回復されるまでおおよそ1ヶ月程度かかるといわれています。(破損がひどい場合にはさらに時間がかかります。)
水のライフラインは水道メーターまでを指し、屋内ラインの修理が必要な場合は各自が負担しなくてはなりません。

気をつけてもらいたいのが、十分な備えが無いまま断水してしまった場合、地面から噴出している水もありがたく見えますが、水道には上水と下水がある事をお忘れなく・・・下水の場合は雑菌がの混じった汚水であるため飲料水としても生活用水としても使用が出来ません。
そんな水を飲んでしまえば余計な病気を引き起こしてしまします。

生き残りポイント

1、水は必ず事前にストックせよ!!
2、水のライフラインは復旧に時間を要する
3、水の確保出来る情報を入手せよ
4、やたらな水は口にするな!!

「防犯・防災 Ranking」<<<応援クリックお願いします。
posted by mizukipapa at 22:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 地震 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/26839620

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。